台湾 渡航 制限。 台湾 日本などからの短期出張者 隔離期間を条件付きで短縮へ

台湾へ渡航のための新型コロナPCR検査についてご説明します

渡航 制限 台湾

💖 感染リスク低度:ニュージーランド、オーストラリア、マカオ、パラオ、フィジー、ブルネイ、ベトナム、香港、タイ、モンゴル、ブータン 感染リスク中低度:韓国、 日本、マレーシア、シンガポール ただし、自主健康管理(外出時のマスク着用、公共の場への出入り自粛など)は入国後21日目までの継続が求められます。 このあたりが段階的に増便されていくと、よい傾向なんではないでしょうか。

17

海外安全ホームページ: 安全対策基礎データ

渡航 制限 台湾

🤑 また、コロナの規制が日本や韓国に先立って緩和されている中国との間の旅客便の運航再開状況がその他の国との運航再開にも参考になっていくと思います。

【コロナ後現地状況・台湾】<12月2日更新>

渡航 制限 台湾

🤔 これらの国への渡航を検討される際には、各国当局のホームページを参照するほか、在京大使館に確認するなど、最新の情報を十分に確認してください。

16

新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧(2020年12月04日09:00時点)

渡航 制限 台湾

🖐 8月5日からは、海外からの入国者や国内外への旅行から帰ってきた者について、入国後もしくは帰宅後14日間マスクをつけ、まわりの人と1. 感染リスク低度(15 ):ニュージーランド、マカオ、パラオ、フィジー、ブルネイ、タイ、モンゴル、ブータン、ラオス、ナウル、東ティモール、モーリシャス、ベトナム、マーシャル諸島 感染リスク中低度(4):シンガポール、香港、オーストラリア、カンボジア、韓国 日本は当初「中低度リスク」に分類されていましたが、現在は除外されています。

19

台湾、6月22日から入境規制を緩和 商用渡航受け入れ、日本も含む

渡航 制限 台湾

🌭 11月1日より、ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームで、14日間の自宅等待機期間中も行動範囲を限定した形でのビジネス活動が可能になる予定です。

【台湾】入境許可申請が可能な対象を拡大!観光目的は受入停止を継続

渡航 制限 台湾

⚐ この入境規制は現在も継続されていますが、外交部からはその条件緩和が発表されているほか、交通部も交通・観光防疫対策を3段階で緩和する計画案を発表するなど、ビジネスだけではなく観光目的での訪台再解禁に向けた動きも出てきています。 このほか、台湾から帰国するための予約済み航空(乗船)券または次の目的地への航空(乗船)券及びその有効査証の提示が必要とされており、航空会社によっては、日本で台湾行きの航空機に搭乗する際に航空券等の不足を理由に搭乗を拒否することもあるようです。 4月3日から、過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否となっています。

台湾 渡航に必要な特別入境許可申請、航空券手配、PCR検査の手続き手順(2020年11月20日現在)

渡航 制限 台湾

😄 日本からインドへの措置については、レベル3の「渡航中止勧告」が出ています。 また、上記の場所で飲食をする場合、不特定対象者とソーシャルディスタンスをとる、あるいは適当な分離設備の設置を前提とし、飲食時間に一時的にマスクを外すことができます。 なお、盗難の被害品が財布だった場合、その中にあったクレジットカードを不正に利用されたという事例があることから、クレジットカードの利用停止の手続を早急に行って二次被害を防ぐようにしてください。

8